交通事故によりCRPSタイプⅡ発症。そしてDIHSにもなり・・・。そんな私を支えてくれてる愛犬達。また愛犬達と一緒に走る夢は持ち続けながら・・・


by bomber-run
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ゆうやけ・しもやけ

寒くなりました。
空気が澄んで天気も良く、綺麗な夕焼けでした。
とても綺麗だったけど、病院帰りの渋滞の中で、哀愁たっぷり。
そして、足には、しもやけも。。。
この冬、お初のしもやけは、カカトに発生。
こんなもので、季節を味わいたくな~い!

今日は、はしご受診。
皮膚科では、検査の結果と今後の注意点を。そして何かあったら受診ということで終了。これで、はしごしなくて良くなった。嬉しいやらなんやら・・・複雑。でもスッキリした。今後テグレトールは、絶対に飲めない。ブツブツ騒動、私の場合、軽くすみ、命拾いしたようで。無知な病院に診てもらっていたらと思うと恐ろしや。。。
足の診察&リハは・・・食い込んだ爪を少し撤去してもらった。切った部分よりも食い込んでいた部分の方がデカかった。穴あいてるし(苦笑)。主治医もビックリ。ここまでなってしまった爪は、手術して爪が生えて来ないようにしたりするんだとか。私には出来ないことだけど・・・。なので、チビチビ格闘せざるをえない。ぎゃーぎゃー騒がしい診察室でした(自爆)。毎度のことながら、足の診察&リハには、出来るだけ浮腫んでない状態で見せれるように注意している。状態悪いとリハもあまりしてもらえないし、そして爪もどうにかしないと辛い。しもやけ出来て、すごく冷たい足だったけど、今日は爪が切れたし、良かった良かった。だけども、人差し指の関節が酷く曲がって固まっていることが判明。。。これ以上変形しないように、テーピングで固定して対処することになった。人差し指だけのテーピング。つけてしまえば大丈夫だけど、過敏なところがあるので、その作業が気合い。親指は、どうなってるんでしょ?と聞いてみたら、触れないから確認のしようがない・・・って。そりゃそうだ。みんなで笑ってしまった。もちろん私も。笑うとこじゃないかもだけど、楽しく行こう。
前にレントゲン見て、チラッとそのようなことは言ってたけど、ガチガチだったとは。
爪だけがダンゴ虫じゃなくて、指もダンゴ虫か。。。撃沈

今夜は、足が、すんごい冷えこんでいらっしゃる。お風呂やコタツが恋しいけれど。。。しもやけの増殖となってしまう。困ったちゃんだ。
ならば、体の中から温めようかと、今、熱いうどんを作ってます。
痩せるわけなく太るわけです(自爆)
[PR]
# by bomber-run | 2007-11-25 02:46 | 日記

粉雪

こな~ゆきぃ~♪
と、ついつい歌ってしまう日々もそろそろ終わりそうだ。
靴下を脱ぐ時に粉雪が舞っていたから(笑)
足の裏がガサガサで、すごかったけど綺麗になってきた。

最近、通院だらけで大忙しな日々。
足にレーザーしに行ってる病院では、首を牽引したり上半身をアレコレしてもらっている。
真っ直ぐ立てる足首じゃないから歩けば歩く程に色んなところを酷使してる。
首の牽引って何キロくらいまで出来るのかなぁ。
30キロくらいでしてもらいたいくらいだ。
[PR]
# by bomber-run | 2007-11-11 09:33 | 日記

がまん

けっこうキツイ生理痛。やっと終わった。
キツイ時には痛み止めを飲んでいたけど、我慢。入院していた時に、生理痛の時の痛み止めを欲しいと皮膚科の先生に伝えまくっていたけど、上手くほったらかされた(--;。そんなに生理痛酷いの?そろそろ生理?今は控えて欲しい。てな返事ばかりで。OKを出すのは担当グループ長の男の先生。ちょっと苦手な先生だった(><)。結局、お守りで欲しいんでしょ?退院の時までに考えとくから。とか言いながら・・・結局痛み止めは何もなかった。退院の時に看護師さんと上手くたぐらかされたなぁと話すと、先生に聞こうかと言ってくれたけど、まだ薬を出来るだけ飲まない方が良いのは分かってるし、我慢しますわ~と、サッサと退院したのでした。生理痛は2日我慢すれば治まるしね。でも、疲れ果てるよ~(><)
左膝もイテテで土曜日に関節に注射してもらい良くなったかなと思ったけど今は階段では手すりにしがみついてるような状況。増えた体重も落とさねば!にきびは、マシになってきたものの、小ツブが多くて顔面蕁麻疹みたい(爆)
皮膚科通院が終了したら、たまにの痛み止めくらい飲んじゃおうと思っている。いつまでもビビッてても仕方ないし。でも、薬について勉強しなきゃいけないなぁ。ヤバそうなのは避けなきゃなぁ。せっかく電撃痛に効いてる感あったテグレは、もう飲むことはないけれど・・・。

最近、足にレーザーを出来るだけ頻繁にあてるために、もう一件病院が増えた。主治医も出来るだけ毎日行くほうが良いと言うが・・・一人で病院に行けるほど達者でない・・・。昨日は友達が送ってくれた。頼らないと出来ない自分が歯がゆく申し訳ないけれど、ありがたいなぁ。私の旦那は、あまり気のつく人ではない(爆)。なので、私がアレしてコレしてと言葉にせざるをえない。その度に、指示だけ出す偉そうな私のような罪悪感がわく。昔は、何でも私がやれば良い。やったるでぇ~って勢いが取り柄だったからなぁ。感謝の気持ちを大切にしていこう。
[PR]
# by bomber-run | 2007-11-01 15:06 | 日記

深爪

主治医が深爪した人差し指をどうにかしようと格闘してくれたけど、頑固すぎて・・・。この足になってから一度も切っていない爪。伸びなかったけど、いつの間にか少しずつ変に盛り上がって伸びて、すごいことになってる(笑)。形も色も、まるでダンゴ虫。そのまま指先を下へカーブして、包み込むように足裏へ向かっている(--;
座った姿勢では足がピコピコ勝手に動いてしまうのでベットで横になって切ることに。すると主治医もどう切ろうかと考え込み・・・ベットに上がり込んでペンチ持って格闘。(すごい絵ズラで大爆笑でした)だけどかなり手強いようで、少しずついこうということに。
主治医 「ここ触っても大丈夫?」
RUN  「耐えれますよ~」
主治医 「この指、つかんでてもいける?」 
RUN  「今、大丈夫です。いてっ。あ!無理。いつ蹴っ飛ばしてしまうか分からないっすよ。うわわ~」
てな感じで、騒々しくも気合い入れて。
そしてパチン!とペンチから威勢の良い音がして、ちょっと切ったよと笑う主治医。「どんだけぇ~?ですか?」と聞くと「ちょっとだけ・笑」。切った爪の先を見ようとしても足首が曲がらないから自ら確認できず(爆)。鏡で見たら、ゴマ粒くらいかと思われる、ホントにちょっとだけ~アハハ。ガーゼやら何やら用意してくれてたのに不発に終わりました。CRPSじゃなかったら、思いきって処置してスッキリなんでしょうけど。

DIHSで入院でリハ中断でしたが、リハ修行復活してます。体育会系のノリで明るく楽しく。悶絶、イテッ!は、もれなく付いてきますが。
しかしまぁ、リハした夜は、痛くて眠れん。私も主治医も今夜は眠れんぞと、分かっちゃいるけど。この努力が無駄にならないと信じています。何もしないで過ごすのも耐えられんし。

燃えてるバージョン・・・。
こんな時は何しても無駄。足に触れるもの、空気さえも不快で大迷惑。
いつの間にかの眠気の勝利を気にせずに待つ。
そんなで日々すぎてくね~
[PR]
# by bomber-run | 2007-10-28 04:29 | 日記

もそもそ

入院でなまってしまった体と日常を取り戻すべく、もそもそやっとります。
まずは、庭!このスペースは私の癒しの場所。退院して戻ってきたら、無残な状態でした(入院中は、旦那は週末以外は実家ですごすため)。ガーデニングと言っても四季の草花を植えて華やかに楽しんでいるので、季節的に調度植え替えの時期なのが救いでした。今、パンジーやビオラを植えているところです。すごい姿で作業してます。地べたに座りこんで(^^;。パンジーやビオラは、テラコッタの重い鉢に植えてあげると雰囲気も良いし花も元気なんだけど、重たくて無理・・・なのでプラスチック鉢ばかりになってしまうのが残念ですが、ある物で、いかに綺麗にできるかをテーマに、もそもそやっとります。でも、すぐに疲れてしまい、なかなか進みません(><)

先週の皮膚科診察でステロイド終了。3週間後に検査して、その2週間後に結果聞いて何事もなく順調だと多分皮膚科は終了できるかな。皮膚科からの薬はアレルギーの薬のアレグラだけになった。ニキビはステロイドのせいだとのことでニキビの軟膏も出て、少しずつマシになっているような感じです。肝機能も正常値まですぐそこに回復♪

凍りつく季節が近づいてきたなぁ。この冬も足は、しもやけになってしまうのだろうか。。。

ワンコ達
[PR]
# by bomber-run | 2007-10-25 14:55 | 日記

ガサガサ

体の皮膚がガサガサしてます。
足の主治医にも足を触って「ブツブツの名残でガサガサだねぇ~」と言われるし(笑)。
よくあの強烈な発疹が、ここまで綺麗になったもんだ。
夜間、眠れず、治まれ!と祈りながら、増えて真っ赤になってくる発疹に必死に軟膏を塗りまくってたなぁ・・・。耳は痛くてちぎれるかと思った。頭皮もブツブツで髪をとくことも出来ず、丸坊主にしなきゃいけないかなぁなんて思ったりもした。手のひら、足の裏、肘はプチプチ痛くて見てみると全体が赤紫色になって。マジ怖かった。。。尿の色も、濃厚な紅茶色で・・・。
しかし、今は、顔面の吹き出物(ニキビ)が大量!顔が、あぶらギッシュ!サッパリ感がほしくて、「男の泥洗顔」で洗ってみたりしてるけど(笑)。
なまけた毎日だなぁと、自分に嫌気がさすけれど、しばらくは、ぶり返したりしないようマイペースにすごすのも大事かな。気力でなんとかなると思うのも、そうもいかない時もあるんだもんなぁ。
[PR]
# by bomber-run | 2007-10-14 22:55 | 日記

仲間

シャキッと体に気合い入れて家事を片付けようと思いつつ、
奴らと一緒にいると、ついついボーッとして時間だけがすぎてゆく。
なんともマッタリした奴らなのです。
でも、癒されリハビリさせられ励みになってる。
また一緒に走りたいね

私のボーッと仲間
[PR]
# by bomber-run | 2007-10-12 14:04 | 日記

枝豆

我が家の冷凍庫には、枝豆いっぱい。私は枝豆が大好きです。
なんで今、いっぱいあるのかというと、入院する前に肝臓に良いといわれる豆類を買い込んでいたからです。だるすぎて料理する気力もなく、そのまんま食べれる食材を買い込んでました。だけど枝豆も口の中が痛くて食欲もなく食べずにそのままで・・・。豆腐は醤油が辛くて、そのまま冷奴で流しこんだりしてました。
そんな感じでしたので、我ながら相当キツイ体調だったんだなぁ。だけど、お願いだからあと数日、体調がもって欲しいと願いながら過ごしていました。その時、お隣に昨夏に引っ越してきたTさん家のパパさんが危篤だったのです。Tパパさんは3年半前に交通事故にあい、ずっと病院で寝たきりでした。療養型病院に入院するために引越しされてきたのでした。そしてTママさんとは打ち解けあい、励ましあい、買い物にも連れていってもらう日々。どれだけ支えられて救われていることか感謝でいっぱいです。ガーデニングも一緒に楽しんで、自然とリハビリにもなっています。Tさんの娘さんが学校へ通える場所でパパさんのいる病院まで行ける場所ということで、ここへ引越しされたそうですが病院までは2時間はかかります。どうにか生活スタイルに慣れてきたところでしたが、パパさんの容態が悪くなってしまったのです。Tさん家にもワンコ達がいます。Tママさんを支えてくれてるワンコ達。「もしもの時は、鍵預けるから頼むね」と、約束していました。私でなければ、Tママさんも安心できない。Tママさんに家のことは安心してパパさんの傍についていてもらいたい・・・。何で、こんな肝心な時に、私の体調が悪くなっとるんじゃ!と、悔しくてなりませんでした。そして残念なことにTパパさんが永眠されたと連絡がありました・・・。
マジ体調やばそう・・・で、近くの総合病院に行き血液検査をして点滴(ソルコーテフ)をされると、すぐに体調がラクになりました。Tママさんに「お疲れ様。パパさんワガママいっぱいでママさんを困らせたけど、今は全部分かって感謝して、これからずっと見守ってくれるから・・・」と手を握り合っていっぱい一緒に泣きました。点滴のおかげで、Tママさんに、しっかりして会うことが出来ました。


眠れぬ夜に、ちょこっと更新しようかと思ってタイトルを「枝豆」にしてたのに、内容が違う方向へ行ってしまった(^^;
今は、美味しく何でも食べれるようになり、食べすぎな毎日です。食べすぎのせいか、先日の血液検査では中性脂肪がドーンと上がってしまってるし(汗)
入院してた病院では、たまに美味しそうな病院食の時があり、しっかりその時は食べれるまでに回復してたのでラッキーでした♪

こんな病院食♪
[PR]
# by bomber-run | 2007-10-12 04:12 | 日記

はしご

昨日は退院後の初通院。
今までのように足のことだけじゃなく、はしごせねばならず。
疲れたぁぁぁ。
血液検査の結果は、また少し回復していたので、ええ感じ♪
ステロイドも減量。
ステロイドを切ってからの検査もあるようなので、早く終了して皮膚科ともオサラバしたいところ。病院内でのはしご受診は疲れるし。
調子も良くなってきているので、足関係のストップしていた薬を飲んでも良いことになった。が、できれば今までと違うもので、くれぐれも気をつけてね・・・って(汗)。気をつけてって、どう気をつけるんだ(爆)。しかも足の主治医と相談してって・・・足の主治医かわいそう(爆)。優しい足の主治医は今回のことで「私が出した薬で、こんなことなってごめんね」と。私は「電撃痛に効いてくれてたのに・・・私が薬に負けただけですから(笑)」と言った。ホント、私の体が負けただけであるからして、誰のせいでもない。しかも薬を止めた後にも発症するって厄介な奴だし。
て訳で、一気に足関係の薬を復活させるのは怖いので、少しずつ復活させることになった。まずは新登場のテルネリン。入院中から皮膚科から出た眠剤も効かないので変更。でも、何だかんだ言って、けっこう今すでに飲んでる量あるじゃないか(爆)。おかげで、昨夜間違ってプレドニンを飲んでしもた(反省)。ステロイドは朝なのに。薬の整理整頓しなくちゃなぁ。
そして、数日前から左足の膝を痛めてしまったようで、腫れて巨大になり、痛い!。立ち上がるのにも、どこかにつかまらないと立てない(><)。しょぼい右膝とデカイ左膝。たして2で割りたいところ。トイレでも立ち上がるのに一苦労。枯れてしまった庭の花の手入れやジャングルになってる雑草をやっつけたりしたいのに・・・トホホ。
[PR]
# by bomber-run | 2007-10-07 13:16 | 日記

DIHS(ディース)

「ディース」だなんて、ちょっとカッコイイ感じではありますが・・・
和名で「薬剤性過敏症症候群」といいます。
こんなのを発症してもたようで。。。
CRPSには、自分に合う薬に出会うことも大切なこと。
こんな記事を書くと、薬への恐怖感をあおるようですが、発症するのはすごく稀なようです。こんな病もあるんだよということで・・・。

入院となった日、大学病院へ向かう車の中で怖いくらいに急激に悪化してくるのを感じました。口の中も粘膜がおかしくなってくるし、発疹を通り越して顔や耳は浸潤してベタベタ。全身の発疹も顔の浮腫みも酷くリンパの腫れも酷く・・・あんた誰?て言われそうなくらいでした(爆)。渋滞の中、やっとこさ病院につき、総合受付で事情を説明すると、かかりつけの整形から第三内科と皮膚科への紹介状を出してもらい、まずは前日の血液検査の肝機能障害のこともあり、第三内科へ行くことに。整形外来の看護師さん、案内してくれてありがとうでした(心強かった!)。ダンディなオジサマ先生が診察して、どこかへ行ったかと思ったら教授を連れてきて、また診察。「MSではないし、こりゃウイルスだな」とかなんとか。なんか怖いこと言ってるよ・・・こわッ!違うよ・・・薬疹だよぉ。と思って、「薬疹だと思うんですけど」と言っても伝わらず、あくまで内科目線。そして入院と言われる。次に皮膚科に行くと、予診の問診がすごく長くてクタクタ。そんな会話するパワーないのに。診察では、ヌード撮影もして、ステロイドのアンテベートを塗りまくられた。その後、三内の看護師さんが来て、車椅子で検査まわり。採血11本(爆)。それからはフラフラすぎて、どんな検査したかもハッキリ覚えてないけど、造影CTのケツの熱いのだけは覚えています。
部屋に着いたら、もう夕食の時間でした。早くステロイドしたい皮膚科に対して肝ウイルスの結果でるまではステロイドダメの内科で、その日は何もせず。翌朝さらに悪化な私。夕方、肝ウイルスも陰性が分かり、ステロイド開始。そして皮膚回復へ。でも肝機能は回復傾向になかなかならず、膠原病検査をするとかしないとかだったけど、やっと回復傾向へ。てな感じで、現在に至ります。

CRPS同様、DIHSも人に説明するのは、めんどくさいっす。
1度発症すると過敏体質になるとかで繰り返す恐れもあるらしく・・・。
どうなるかは分からないってところは、CRPSもDIHSも同じだな。

DIHS参考サイト
[PR]
# by bomber-run | 2007-10-03 17:22 | 日記