交通事故によりCRPSタイプⅡ発症。そしてDIHSにもなり・・・。そんな私を支えてくれてる愛犬達。また愛犬達と一緒に走る夢は持ち続けながら・・・


by bomber-run
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

我が家の節分

節分の日、友達Nさんからメールが来た。「4才おめでとう」
私の彼の誕生日でした。
私の愛しい彼は、真っ黒で毛むくじゃら。
大男で、大きな胸に大きな背中、ぶっとい手足は頼もしい。
が、性格はボヨヨ~~ン(^^;

彼が1歳ちょっとの時から、しばらく別々に暮らしていた。
超大型犬にとって、体を作る大切な時期。
歩けない私は何もしてあげられず・・・かわいいだけでそばに置いておくと彼の体の成長をダメにしてしまう。
悔しかった。それは今でも悔しい。一緒にやりたいことが、いっぱいあった。その願望は諦められない。可能性がある限り・・・。
別々に暮らしていた時に彼の世話をしてくれていたのがNさんです。
彼に会いたくて会いたくて車の振動に悶えながらもに毎週末会いに行きました。
それから彼は頑張り活躍してくれました。パートナー(ハンドラー)は私とじゃないけれど。だけど出来る限りのサポートをしました。私はトリマーでもあるので、そっち方面のサポートを。
一緒に走れない悔し涙もいっぱいだけど、彼の勇姿に感激の涙もいっぱいプレゼントされた。
でも、一緒に走りたい。ショーリンクを。あの一体感を一緒に感じたい。
出来ていたこと、これからもっと!だったのに・・・やっぱり悔しい。
そう思い続けて、出来ることは少しずつ増えた。
リードを持って、ゆっくりで長距離は無理だけど一緒に歩ける。
運動をさせたい思いから自転車に乗れるようになった。
だけど何かあった時に、大男の彼を守れるほどの体に戻ってない・・・。

そんな彼への思いを浮かべて絢香さんの「三日月」を聞くとピッタリきすぎて・・・。頑張ろう、強くなろうと思える。
せっかく一緒に暮らせるようになったのに、昨年は突然の入院となり、自分の体への不安は高まってしもた。だけど今、一緒にいられることを嬉しく思う。

そんな体で大きな犬なんて・・・と、言われないようにしたい。
彼にとっても、うちの子で良かったと暮らしてもらいたい。
ワンコは飼い主選べませんから・・・。



我が家の今年の節分は、
「福は~うち~♪」
「福は~うち~♪」
「福は~うち~♪」
ひたすら「福は~うち~」と、ワンコ達に向かってドッグフード投げてました(笑)
ワンコ達も楽しげでウハウハ。
いつもは、鬼の面を被って「怪しい鬼」を演じてワンコ達がワンワン言うってのが恒例でしたが、今年は旦那が風邪で寝込んでたので、恵方巻も、なし・・・。


d0087189_29190.jpg

ボヨンバー君、あなたがいたから今の私があるよ。ありがとう。
[PR]
by bomber-run | 2008-02-08 02:26 | 日記